シェイクスピア、その多様性と深さ オペラ、バレエ、演劇で考察する!

生涯に37を超す戯曲を書き、4世紀にわたってさまざまな形態での上演が世界中で行われてきたウィリアム・シェイクスピア(1564-1616年)は、演劇もオペラもバレエも、ジャンルの壁を超えて自在に楽しめるようになるための、最大の鍵である。ではなぜこれほどまでに、シェイクスピアは魅惑的なのだろうか?

 

ima05

鵜山仁

「それは、いろんな人間が出てくるからですね。いろんな人間の声が聞けて、いろんな表情が見える。生命体が生き残っていくために重要なのは、「多様性」なんだそうです。そういった意味でも、異なったものの見方、考え方、異なる体質がぶつかり合うことが、人間のエネルギーの源泉なんじゃないか。それを舞台上でコンパクトに表現しているのがシェイクスピアなんじゃないでしょうか。いい奴も悪い奴も、きれいなことも汚いことも、ごった煮になっている面白さ」
新国立劇場・演劇『ヘンリー四世』二部作の演出を担当する鵜山仁は、そう語る。こうしたシェイクスピアの歴史劇は、「ごった煮」の世界観がある意味一番出ているのだという。ちなみにこの劇には、ヴェルディのオペラ『ファルスタッフ』の原型となった登場人物フォールスタッフ(鵜山によれば、「蓮の下の泥のような」善悪を超えた存在)が登場する。オペラ・ファンならぜひとも観ておきたい作品でもあるのだ。今回の『 ヘンリー四世』ではシェイクスピアと同時代に活躍した作曲家ウィリアム・バードの楽曲をはじめ、多様な様式の英国の音楽が使われるというのも楽しみだ。

オペラの世界にもシェイクスピアは巨大な影響を与えているが、なかでも彼を芸術上の「お父さん」と呼んで憚らなかったのが、『マクベス』『オテロ』『ファルスタッフ』をオペラ化した、イタリアの大作曲家ヴェルディである。

 

新国立劇場・オペラ『オテロ』の演出家マリオ・マルトーネは、演劇や映画の分野でも活躍する人だが、2009 年の初演時にこう述べている。

ima07

マリオ・マルトーネ

「芝居畑の人間から見ると、コンチェルタート(ソリスト陣と合唱団との大アンサンブル)とは、普通のお芝居では得られぬ“ 好機” です。(中略)たくさんの人々が様々な内容を同時に喋っている姿を演出するのは、まさに演出家冥利に尽きることです」

 

ima08

ジョナサン・ミラー

ヴェルディのオペラではこうした声の多層性が大きな特徴となっているが、それはシェイクスピア的な劇空間の特徴でもある。2004 年に新国立劇場・オペラ『ファルスタッフ』を演出したジョナサン・ミラーは、その演出ノートにおいて、共同体の掟を破った個人に対して向けられる嘲りやいやがらせという「社会的しきたり」について注意を促している。はみ出し者と社会との関係、民衆の生活が描かれたという点でも、シェイクスピアとヴェルディは深いところで結びついているのだ。

 

ima09

「ロメオとジュリエット」小野絢子・福岡雄大

最後に、10 月末から11 月初旬にかけての新国立劇場でのバレエ『ロメオとジュリエット』(マクミラン振付)の稽古を見学しての印象をここに記させていただくなら、あれは声なき声が聞こえるバレエ、言葉のない演劇そのものだという実感であった。決してただの踊りではない。すべての所作の背景に台詞が感じられるのだ。
その背景となっているプロコフィエフの音楽について、今は亡き傑出したオペラ指揮者アバドが「洗練された世界と世俗的な世界、皮肉を含んだ悲劇、そうしたものが織り合わされてできたような対照的な諸相」と述べていたことを紹介しておきたい。とりわけ「皮肉を含んだ悲劇」という指摘は、多くのバレエ・ファン、演劇ファンが膝を打つところではないだろうか?
さまざまなジャンルからぜひ、多角的にシェイクスピアを楽しんでみたい。

 

文:林田直樹(はやしだ・なおき)
音楽ジャーナリスト・評論家。音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバーまで、幅広い分野で取材・著述活動を行う。月刊誌「サライ」(小学館)に「今月の3 枚」を連載中。インターネットラジオ「カフェフィガロ」パーソナリティ、「OTTAVA」プレゼンター。

 

広告