振付のケネス・マクミランをもっと深く知るために

ケネス・マクミラン

~観客が登場人物の運命に没頭してしまうようなバレエを創りたい。~マクミラン・インタビュー《ケネス・マクミラン公式サイト》より

 

rj06

全3 幕13 場の『ロメオとジュリエット』はマクミランが振り付けた初めての全幕バレエで、1965 年2月に英国ロイヤル・バレエにて当時の大スター、マーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフ主演で初演された。ガラ公演として上演され、初日のカーテンコールが43回40分に及ぶというセンセーショナルな成功を収める。時にマクミラン、35 歳のことであった。

マクミランは英国ロイヤル・バレエの礎を築いたニネット・ド・ヴァロワ、フレデリック・アシュトンに続く第二世代として知られる。マクミランはそれまでのバレエの表現に飽きたらず、リアリティや登場人物たちの感情が存分に表現されるようなバレエを創ろうとしていた。1940 ~1950 年代には彼は英国のバレエより初期のローラン・プティ振付作品などフランスのバレエ、アメリカのジェローム・ロビンス作品や英国演劇のジョン・オズボーンの舞台に傾倒した。特にオズボーンを賞賛し、社会現象にまでなった『怒りをこめてふり返れ』の感情表現に深い感銘を受けている。

~チューダーと私の大きな違いは、彼は常に感情を押し殺す。とても英国的だ。それに対し、私のバレエは登場人物の感情は動きで全て外に向かって表現される。だから観客は私のバレエを見ると居心地が悪いだろうと思う。~マクミラン・インタビュー《ケネス・マクミラン公式サイト》より

 

rj04

このバレエ『ロメオとジュリエット』は原作のシェイクスピア戯曲からはもちろんだが、15 世紀イタリアの絵画や建築からもインスピレーションを得ている。同様に1960 年英国演劇の頂点だったオールド・ヴィック劇場でフランコ・ゼッフィレッリが演出し、当時25 歳だったジュディ・デンチがジュリエットを演じたシェイクスピア劇『ロミオとジュリエット』からも大きなインスピレーションを得ている。ゼッフィレッリが初めてプロとして演出したシェイクスピア演劇作品で、これまでの伝統を覆した演出─リアリティを追求した─で賛否両論を巻き起こしていた。

かくしてこのマクミランのバレエ『ロメオとジュリエット』では、不幸な星の下に生まれた若い恋人たちの感情が、ダンサーの身体を通して余すところなく雄弁かつ繊細に語られる作品となった。

また、それまでのバレエでは表現されることが少なかった苦悩、怒り、憎しみといった負の感情、死なども美化されることも隠されることもなく描かれている。それ故、リアルでドラマティックなマクミランのこのバレエは今なお見る者の魂を深く揺さぶるのだ。

 

参考文献:ケネス・マクミラン公式サイト、『ゼッフィレッリ自伝』(創元ライブラリ)